ロスミンローヤル 口コミ 効果

更年期障害とは

更年期とは、女性の場合“閉経を迎える前後の期間”のことで40代半ば〜50歳超くらいの間です。

 

この間に女性の卵巣機能が衰え始めることで、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、身体への影響が出始めます。

 

分泌が減少するのは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンです。

 

これによって、体の中のホルモンのバランスが崩れ、自律神経の調節がうまくいかなくなり、ほてりやのぼせ、冷え、イライラなどの様々な不調が現れ始めます。

 

これらホルモンバランスの崩れによって起きる様々な不調を更年期障害と呼びます。

 

最近では、ストレスや無理なダイエットが原因で女性ホルモンの分泌が乱れ、30代や40代半ばの女性でも、卵巣機能が低下してほてりやめまい、手足の冷え、落ち込みなどの更年期障害に似た症状がみられることもあり、これらは若年性更年期障害と呼ばれます。

 

更年期障害の症状

更年期障害の症状には、人によって日常生活に支障がでるほどの重い症状だったり、ほとんど影響なく軽く済んだりするなど個人差があります。

 

○全身症状

  • ほてり・のぼせ(顔がほてる・ホットフラッシュ)
  • 胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
  • 脈が早まる
  • 多汗(大量の汗(顔から汗が止まらない)・スウェッティング)
  • めまい・ふらつき・耳鳴り
  • 体がだるい(倦怠感)・疲れやすい
  • 肥満(太る)
  • やせ
  • むくみ
  • 頭痛・頭が重い
  • 冷え
  • 頻尿・尿もれ
  • 抜け毛・薄毛
  • 嘔吐・食欲不振・ドライアイ・ドライマウス

○運動器官系の症状

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 手足のしびれ

○精神的症状

  • イライラ
  • 不安
  • うつ
  • 神経質
  • 睡眠障害(眠い・不眠)
  • 意欲低下
  • 物忘れがひどくなる(記憶力の低下)

○生殖器系の症状

  • 月経異常(生理不順・月経不順)
  • 不正出血

 

更年期に気をつけたいこと

更年期の前後は、子供の独立や夫の定年など、生活する環境や肉体的にも変化が現れる時期です。

 

そのため、別の病気が原因であることもありますから、全ての不調の原因を更年期によるものと決めてかかると、見過ごしてしまう場合もあります。

 

ですから、身体や心の不調を感じたら、更年期によるものかそれ以外の原因によるものか見極めるよう確認することを忘れないでください。

 

 

自分でできる更年期の対策

身体のバランスをととのえる

体に不調を感じると、エクササイズなど身体を動かさないほうがいいと考える人が多いようです。しかし、身体を動かさないままでいると、代謝が落ち、さらに身体の不調の原因を作ってしまいます。
身体が重く感じたり、気分がすぐれないときは、無理のない範囲で体を動かしてリフレッシュすることを忘れないようにしましょう。

心のバランスを整える

更年期障害を更に重度にしてしまうのが、過労やストレスです。
更年期の不調を一人で悩まず、友人に話したり必要以上に恐れないようにして、上手に気持ちをリフレッシュしましょう。心のバランスが整うことで自律神経にも良い影響が与えられます。

医療機関への受診

何かの病気が疑われるなどの不調がある場合は、他の重い病気かどうかをまず診断します。はっきりとした症状があるようであれば、医師にかかりましょう。
異常が発見されず、不調が続く場合には更年期障害と診断され、婦人科を紹介されるでしょう。
最近では、更年期外来など、更年期の健康管理のための外来を設けている産婦人科もありますので、気になる方は、無理に我慢せず訪ねてみることをお勧めします。

一般医薬品

更年期障害のつらい症状がある場合には、薬局やドラッグストアに更年期障害に効果のある医薬品もありますので、相談してみるのも一つの方法です。

 
私の3ヶ月の体験記 ロスミン口コミ ロスミン注文フロー 定期購入解約方法 最安値は?