ロスミンローヤル 口コミ 効果

第3類医薬品の安全性は?飲み続けても大丈夫?

最近、ドラッグストアで販売されている医薬品を見ると、第1類から第3類などに分類されている表示を見たことありませんか?

 

これは、平成21年6月から一般用医薬品の販売方法が変わったことにより表示されるようになりました。

 

この表示は、薬の副作用などのリスクの程度を表すもので、その程度に応じて専門家が説明することが必要になりました。

 

特に、第1類医薬品は、薬剤師が常駐しているお店でないと販売できないようになっています。

 

医薬品の分類 

販売時の情報提供

第1類医薬品(特にリスクが高いもの)

使用に関して特に注意が必要な成分、又は、一般用医薬品としての市販経験が少なく、安全性評価が確立されていない成分が使われています。
義務:直接書面を使って薬剤師により適正に使用してもらうための情報を伝えなければなりません。

第2類医薬品(リスクが比較的高いもの)

風邪薬、解熱鎮痛薬、鼻炎薬などが多いです。
努力義務:薬剤師や登録販売者(都道府県試験に合格し登録を受けた専門家)が適正に使用してもらための必要な情報を伝えるように努めなければなりません。

第3類医薬品(リスクが比較的低いもの)

ビタミン剤、目薬、パップ剤などが多いです。
ネット販売、通信販売が可能です。

 

第3医薬品は副作用のリスクが少ない分類ですから、安全性は優れています。

 

しかし、やはり薬は薬。飲み合わせなどのリスクもありますから、添付の文書をよく読み、用法・用量を守って、分からない場合は専門家に相談するようにしましょう。

 
私の3ヶ月の体験記 ロスミン口コミ ロスミン注文フロー 定期購入解約方法 最安値は?