しみ種類

シミの種類を知ることが大切

女性のお肌の悩みの中でも、大きな悩みの一つがシミ。

 

最近では紫外線対策がCMなどでも大きく取り上げられ、UV対策化粧品などもたくさん販売されていますから、紫外線が影響するんだなと、漠然と理解している方は多いとは思います。

 

でも、シミって本当はどのようにできるか、知っていますか?。

 

お肌の大敵のシミには、様々なタイプが存在します。

 

自分のお肌のシミ対策をするためには、最初にどのタイプに属するのかを知るのが大切。

 

シミの分類には諸説ありますが、ここでは以下の分類でお話をしていきましょう。

※出典:『素肌美人になれる正しいスキンケア辞典(高橋書店)』吉木信子皮膚科医師著。

 

自分のシミのタイプが分ればその対策も明らかになってきます。

 

シミの種類とそれに効果のある美白成分との関係を知れば、今後のシミ対策方法も明確になることでしょう。

あなたのシミ対策はどんな対策をすべきなのか

シミ対策をするときに一番大切なのが、シミの種類を知ること。

 

シミの種類が違えば、対策も違います。

 

シミには美白成分じゃないの?って単純に考えても、それが有効な場合も無駄な場合もあります。

 

シミによっては、レーザー治療でないと、というものだってあります。

 

具体例としては、老人性色素斑の初期のもの、炎症性色素沈着、肝斑(ぼんやりジミ)、雀卵斑(ソバカス)であれば、対策として美白化粧品は有効です。

 

しかし、その他のシミは違う対策が必要になります。

 

次から、シミタイプ別に、どのようなものか、治療・対処法は何かをご紹介していきます。

 

自分のシミはどのタイプで、どんな対策を行なうべきなのかを確認してみて下さい。

 

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶ジミ)

 

炎症性色素沈着とは、肌荒れ記憶ジミとも呼ばれています。

 

原因は、過去に経験した皮膚の炎症跡や傷が色素沈着し、シミのように残ったものです。

 

つまり、ニキビや傷などの跡であれば、肌が一時的に茶色になり通常の肌色に戻るものですが、肌色に戻らずシミになって残ってしまったものです。

 

その他、虫刺されの跡、脱毛による炎症なども原因の一つになります。

 

 

有効な治療法

 

肌のターンオーバーを活性化させることが一番です。

 

そのため、ピーリングも有効です。

 

炎症性色素沈着はほとんどが自然に消えていくものが多いのですが、炎症を起こした肌がさらに日焼けをすると消えにくくなる場合もあります。

 

シミの元となる色素であるメラニン色素が真皮にまで沈着してしまった場合は、レーザー治療が必要になる場合もあります。

 

 

 ロスミンローヤルの効果期待大

 

 

老人性色素斑(日焼け記憶ジミ)

 

老人性色素斑とは、日焼け記憶ジミとも呼ばれ、シミの中でも一番多く発生します。

 

年齢とともにほとんどの人に現れる老化現象の一つです。

 

 

若い時の日焼けが原因でシミが現れることが多いようです。

 

特徴としては、炎症性色素沈着と比較してシミの境界がクッキリしており、骨の一番高い位置(例えば、頬骨や肩など)に現れやすいです。

 

大きさは数o〜数十oサイズの丸い色素斑として現れます。

 

初期は薄い色で現れ、徐々に色が濃くなってくるため、気づくのが遅れ、対策開始が遅れ気味になります。

 

 

有効な治療法

 

老人性色素斑は若い時の紫外線ダメージを記憶していることが原因なので、若い時から紫外線を浴びないようブロックすることが一番の対策です。

 

ただ、加齢によって黒くハッキリとしたシミになったものはレーザー治療で対処することができます。

 

 

 ロスミンローヤルの効果期待大

 

 

花弁状色素斑(強烈日焼けジミ)

 

花弁状色素斑は、強烈日焼けジミとも言われています。

 

強い日焼けが原因で現われる花びら状のシミで、顔・首・肩・腕などに現われます。

 

日焼け以外にも、雪焼け、強い紫外線を浴びるなどによって現れます。

 

 

有効な治療法

 

日焼け直後は、患部は熱を持っています。

 

まずは冷やす、次にビタミンCを豊富に含む食物を摂りましょう。

 

レーザー治療を行なえば、即効性の対処ができます。

 

 

 ロスミンローヤルの効果期待大

 

 

雀卵斑(ソバカス)

 

雀卵斑は、一般的にはソバカスと呼ばれる、主に目の下あたりに現われる、雀の卵の殻の模様状の色素斑です。

 

ソバカスができる原因は主に遺伝的なものと言われています。

 

10代くらいの思春期の頃に現われ、色白の人に現れやすいです。

 

また、紫外線などの外的影響をうけると広がったり、色が濃くなることもあります。

 

 

有効な治療法

 

主な治療法はレーザー治療なります。

 

遺伝的な要素で現れますので、再発を防止するためにも、治療後も継続的に紫外線対策を継続する必要があります。

 

 

 ロスミンローヤルの効果期待大

 

 

肝斑(ぼんやりジミ)

 

肝斑とは、境界線がボンヤリとした状態で肝臓の形に現われるシミです。

 

目の下あたりに左右対称に現れるのが特徴です。

 

原因は特定されていませんが、妊娠中や更年期に現われるので女性ホルモンの影響を受けるのでは、と言われています。

 

 

有効な治療法

 

一般的に言われているのはメラニン生成に影響を与える成分を抑えるトラネキサム酸の服用を数か月間継続して薄くします。

 

肝斑では、レーザー治療は逆効果となり、悪化させる恐れがあります。

 

対してロスミンローヤルの場合は生薬などの力によりターンオーバー正常にします。すなわち女性ホルモンの乱れを正常にした上でシミに作用していくのでロスミンローヤルが肝斑に効いたという声が多いのはこの事からですね。

 

 

 肝斑しみ専用ではないがロスミンローヤルは有効です

 

 

脂漏性角化症(出っ張りジミ)

 

脂漏性角化症は、出っ張りジミとも呼ばれます。

 

淡褐色〜褐色のイボのように皮膚が膨らんだ状態になります。

 

医学的には良性腫瘍です。

 

紫外線を浴びたり、放置しておくと、大きくなります。

 

 

有効な治療法

 

治療法としては、液体窒素での除去や、炭酸ガスレーザで少しずつ除去する方法がありますが、その場合は、カサブタ状になり、徐々に薄くなっていきます。

 

治療によって肌が刺激を受けることになるため、炎症性色素沈着が残る場合もあります。

 

 

 ロスミンローヤルの効果期待できない

以上シミの種類を知って、消す方法を選択しましょう。

私の場合は、老人性色素斑という日本人の30代〜の悩みで一番多いシミになります。

 

ロスミンローヤルがしみに効くといわれているシミと合致していますので、ロスミンローヤルを試す価値があるってことですね。

 

私と同じシミタイプの人は参考にしてください。

 

 

 私のロスミンローヤルを3ヶ月試してみた結果は?

 

 

ロスミンローヤルを詳しく見る場合はこちら

 

 
私の3ヶ月の体験記 ロスミン口コミ ロスミン注文フロー 定期購入解約方法 最安値は?